ぷりんの存在を背後に感じつつ、あんこをあやしてました。         なんだか忘れられない思い出です。 ...